失業保険の受給資格まとめ!図解とフローチャートで簡単診断!

フローチャートと考える男性

優良退職代行業者5選!即日退職でノンストレス!

  • パワハラ上司の恫喝が怖くて玄関から出られない…
  • 明らかなオーバーワークでもう体力の限界だ…
  • サービス残業?うちには残業の概念すら無い…
  • 牢屋のような会社の雰囲気にはめまいがする…
  • なぜ人が減っているのに新しい人を入れないの!もういや!

理不尽なパワハラ・ブラック企業による過労。
「自分はここで働いて何を得たいのか?」
そんな疑問がつく会社に勤めていると、
気づいたときには肉体や精神を病み、
果には死を選ぶことになるかもしれません。

でも、
退職なんて言ったらどんな目に合うかわからない
という方には、

「退職代行サービス」

という選択肢があります。

一切会社との連絡は不要!
ストレスなく退職出来る!
人気で即日退職可能な5社を厳選!

退職に苦しんだ経験者が
選んだ最強退職代行業者!

ひとりで苦しまず一度相談してみませんか?
▼退職代行サービス業者厳選5社はこちらから!

 

失業保険受給資格ってややこしいなぁ。自分って一体どれに当たるんだろう?簡単にわかる方法ってないかなぁ。

失業保険の受給資格って確かにややこしいですね。私も調べていてちょっと混乱する部分もありました。

そこで今回は失業保険の各受給資格の給付日数を図解まとめて説明!また、自分がどの受給資格になる可能性があるか簡単診断できるフローチャートを作成してみました!

失業保険の受給資格まとめ

このサイトでは失業保険の受給資格以下のように紹介してきました。

【失業保険の受給資格】
  • 一般離職者
  • 特定受給資格者
  • 特定理由離職者
  • 就職困難者

一番ベースとなる自己都合退職が理由の一般離職者、会社倒産や解雇などの会社都合が理由の特定受給資格者、自己都合退職だけど正当な理由がある特定理由離職者、障害者など著しく再就職が難しい就職困難者の4つです。

しかし、自分は自己都合だから一般離職者と思っていてももしかしたらということもありえます。まずは、自分がどの受給資格にあたるか大まかに把握しておきましょう。

私なりに失業保険の受給資格を簡便に診断できるフローチャートを作りましたので、ご参考いただければ幸いです。

 

失業保険の受給資格判定フローチャート

 
注意

※このチャートは簡便的に受給資格を判定するものです。あくまで可能性を見るものであり、判定された受給資格を保証するものではありません。

※失業保険の受給資格はハローワークの判断によって決定されます。ご了承ください。

上記の失業保険の受給資格判定フローチャートで、ご自身がどの受給資格にあたるかはある程度把握できたでしょうか。

次は各受給資格の所定給付日数や特徴をまとめていきますが、その前に各受給資格に共通する事項を確認しておきます。

 

各受給資格の共通事項

離職票が手元になければ手続きできない

これは受給資格うんぬんの前に基本的なことです。退職した会社から離職票の1と2が手元に届かなければ、失業保険の手続きができません。

失業保険が届かなくても、失業保険の受給期間のカウントは離職日の翌日から始まっています。

大体の会社は2週間程度で郵送されるようです。私の場合は1社目の時は2日、2社目は2週間で届きました。しかし、私の知人は半年経って送られてきたこのこと(^_^.)

届かない場合は、退職した会社に問い合わせる必要があります

どうしても前の会社に連絡するのが嫌な場合は、ハローワークの職員さんに相談してみましょう。代わりに問い合わせてくれることもあるようですよ^^

待期期間が明けた翌日からが支給対象

どの受給資格であっても、受給資格決定日を含めた7日間は待期期間となります。待期期間中は、就職活動もアルバイトや副業もできません。その待期期間が満了した翌日から支給対象期間となります。

ですので、初回の失業保険(失業給付)は待期期間の翌日がら最初の認定日の日数分が口座に振り込まれます。

 

各受給資格の所定給付日数と特徴等まとめ

では、ここからは各受給資格をまとめましたのでご参考いただければ幸いです。

失業保険の受給資格:一般離職者(特定理由離職者2)

【失業保険の所定給付日数】

 

一般離職者給付日数表

引用元:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html

引用元:ハローワーク

  • 対象離職者:他の失業保険の受給資格に当てはまらなない離職者すべて
  • 3ヶ月の給付制限:あり

失業保険の受給資格:特定受給資格者(特定理由離職者1)

【失業保険の所定給付日数】

特定受給資格者の失業保険給付日数表

引用元:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html

引用元:ハローワーク
 
  • 対象離職者:倒産・解雇(懲戒解雇除く)で離職した方、特定理由離職者1に当てはまる方
  • 3ヶ月の給付制限:なし
  • 特記事項:自己都合退職の方でも会社都合退職相当の理由を証明できれば、認定される可能性あり

■失業保険の受給資格:特定理由離職者

【失業保険の所定給付日数】

※特定理由離職者1に該当する方は特定理由離職者と同様

※その他(就職困難者除く)の方は一般離職者と同様

  • 対象離職者:自己都合退職の方のうち、一定条件の雇止めや病気等での退職でやむを得ない退職とを証明できる方
  • 3ヶ月の給付制限:なし
  • 特記事項:一部の要件を満たす特定理由離職者は、給付日数が特定受給資格者と同等となる。

■失業保険の受給資格:就職困難者

【失業保険の所定給付日数】

 
就職困難者の失業保険給付日数表

引用元:https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_benefitdays.html

 
引用元:ハローワーク

※1年未満の場合は就職困難者の範囲に該当し、かつ特定受給資格者に該当する方にのみ適用されます。

  • 対象離職者:障害者等で著しく就職活動が制限(不利)がある方
  • 3ヶ月の給付制限:あり
  • 特記事項:特定理由離職者とのダブル認可されることで3ヶ月の給付制限が外される。

各受給資格の詳細については各関連ページをご参考ください。

以上、各受給資格のまとめでした。

  • パワハラ上司の恫喝が怖くて玄関から出られない…
  • 明らかなオーバーワークでもう体力の限界だ…
  • サービス残業?うちには残業の概念すら無い…
  • 牢屋のような会社の雰囲気にはめまいがする…
  • なぜ人が減っているのに新しい人を入れないの!もういや!

退職をするって大変な一大事ですよね。
私も経験があるのでわかります(-_-;)言い出すのも大変だし、
退職日までやめる会社に行きたくない。

退職は本当に体力、精神力、労力がかかります
でも今はその辛くてもスルー出来ない退職を代行してくれる
「退職代行サービス」
というものがあるんです。

だから、私のような苦労をしなくても済むことになると思いますよ^^

ですが、近年急速に数を増やしてきた退職代行サービス業者の中から、
どの業者がいいか選ぶのは大変です!

そこで、過去2度退職した私が退職時に苦労した経験を元に、
独自の視点でおすすめ退職代行サービス会社を比較ランキングにしました。

厳選した5社はいずれも人気で即日退職可能な会社です。
依頼前の相談も無料で、
一切会社との連絡は不要なため、
ストレスなく退職出来ます!

その上転職サポートなど退職した後のフォローも充実していたりと、
特色のある退職代行サービス業者さんを集めました\(^o^)/

▼退職経験者が選ぶ退職代行サービス業者厳選5社はこちらから!