パワハラの問題点や原因は?なくすためには解決策をどうすれば良い?

anxious-black-and-white-blur-568027

皆さんの働いている職場では、パワハラによる問題はありませんか?今の日本の現状では、パワハラによる被害を訴える方が絶えません。

そもそも、どうしてパワハラの被害に遭うの?原因なくすためにどうすればいいの?

今回は、パワハラによる問題点と解決策をご紹介いたします。毎日のようにパワハラを受けていて、「パワハラがなくならない!」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

パワハラの影響や起こる原因は?

man-272679_1280

引用元:https://pixabay.com/ja/photos/%E7%94%B7-%E9%A1%94-%E9%BB%92-%E7%99%BD-%E7%9B%AE-%E9%BC%BB-272679/

パワハラとはパワーハラスメントの略です。これは、会社などの組織内で上司や先輩などにいじめられたり嫌がらせを受けるということです。

パワハラの定義や意味って何?6類型(種類)や内容を簡単説明!

2019.06.10

 

パワハラが及ぼす影響にはこんなことが!

パワハラによる影響
  • 人権の侵害
  • やる気や自尊心の低下
  • メンタルヘルスの変調

これらは、パワハラなどの被害により影響を受けるものです。この影響によって精神的にも肉体的にもダメージを受けてしまい、うつ病などのストレスによる病気にもなりかねません。

パワハラが起こる原因は何なのか?

自分が被害に遭うことは避けたいですが、なぜ起こるのでしょうか?その原因をご紹介いたします。

パワハラが起こる原因

  1. コミュニケーション不足
  2. 価値観の違い
  3. 加害者としての意識不足

①コミュニケーション不足

SNSなどの普及によるコミュニケーション不足は、最近とても問題になっています。すごく便利な環境になりましたが、その反面お互いの思考や感情に向き合わず誤解が生まれてしまいます。

ノブオ
今日初めて質問したことなのに「こんなこともわからないの?質問しすぎじゃない?」って言われちゃった。いつも話しかけると不機嫌になるから話しかけたくないんだよなぁ。

ノブオさんは質問をしただけなのに、それだけで不機嫌になってしまう上司には話しかけたくなくなりますよね。何度も聞いた説明ならノブオさんにも非がありますが、1回の質問で怒られてしまうのはとてもつらいですよね。

面と向かって話すことが少なくなった現代ならでは』という理由が原因でもあるコミュニケーション不足の問題は、年々増加しています。その問題がストレスに繋がり、やる気や自尊心を低下させていきます。その低下がどんどん進むにつれて精神だけでなく肉体にもダメージを感じるようになってきます。

②価値観の違い

また、時代が変わるにつれて人間の価値観も変わっていきます。変わっていくのは会社を良くしよう!と努力しているからなのであって、決して悪いことではありません。

今働けている場所があるのは、築いてきた先人がいたからこそです。そこからバトンを受け継ぎ、会社を発展させようとしているのですが、ココにも問題が生じてしまいます。

ノブオ
僕の意見を言ってほしいというから言ったのに!「そんなの俺たちの時代にはなかった!」って怒鳴るんだよ。時代は変わっているのに、あの人たちと価値観が合わなくて話にならない!

ノブオさんはせっかく自分の意見を言えたのに、このような価値観のズレによる問題が発生したようです。価値観の違いは誰しもありますが、時代の変化というものに対応しきれていない上司たちが、頭ごなしに怒鳴り散らしているようですね。

このように、コミュニケーション不足の解消に取り組んではみたものの、自分の価値観を押し付けてしまう方が多いです。そんな方たちに振り回されてしまう部下の皆さんが、パワハラの問題に悩んでいます。

③加害者としての意識不足

コミュニケーション不足や価値観の違いは、上司が加害者の意識を持って、パワハラをなくすために努力してくれれば問題は解決します。ですが、そのような加害者としての意識を持たない方たちがいるという問題が1番厄介です。

大事な仕事を任されたり、信頼されていたのにも関わらずパワハラをしてしまう(加害者になってしまう)ということはよくあります。

加害者になってしまう理由
  • 自分を過信しているから。
  • 仕事にも慣れていて、部下に指示や指摘をすることができて何を言ってもいいと思っているから。

加害者になってしまうのには、このような理由が挙げられます。自分に自信があったり、仕事に慣れていて困っている方にアドバイスをすることはとても良いことです。ですが、そのやり方や言い方など些細なことで被害者を傷つけている場合が多いです。

注意
最近は自分が明らかに悪くても、上司を加害者だと言い張る自称被害者が増えています。このような事態から、会社がパワハラを認めない場合があります。パワハラの定義は難しいので、断定できない場合もあります。

 

パワハラをなくすにはどんな解決策があるの?

action-ancient-architecture-231013

引用元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3-231013/

では、上記にあったような、パワハラの問題をなくすためにはどうすれば良いのでしょうか?つらいパワハラを防ぐためには何をしたらいいのか?解決策をご紹介いたします。

解決策とはどんなものが?

パワハラの被害を受けていなくても、そういう現状があるのだということを知っておくと、もしものときに対処がしやすくなります。まずは、個人的にパワハラをされてしまった場合の対策をご紹介します。

パワハラをされたときの対策
  • 会社に相談をする。
  • 会社に相談できない場合は外部の機関に相談をする。
  • 思い切って転職をする。

大切なことは、きちんと“相談をする”ということです。

いくら個人で解決しようとしても、会社自体が対策を行ってくれないといつまで経っても解決はしません。パワハラは会社全体の問題なので、まずは会社に相談をしましょう。

会社によっては社内に相談できる組織を設けているところもありますが、そのような場所が無い場合は外部の機関へ相談するのも良いです。

そのどちらでも解決しない場合は、思い切って転職や退職をするのも良いでしょう。ですが辞めると伝えるのが難しい状況もありますよね。そんなときに便利なのが退職代行サービスです。悩みや迷いがある場合は、相談だけでもしてみると良いですよ。

退職代行サービスとは?即日退職までの流れとリスクや注意点を解説!

2019.05.12

では、会社は何をするべきなのでしょうか?『パワハラをしている人が会社にいる』という状況は、会社にとってデメリットでしかありません。そんなパワハラを社内でなくすためには、会社全体を変えていかなくてはいけません!

会社がパワハラをなくすための対策
  • ルールや仕組み作り
  • 教育を徹底する

ですが、すぐに全員が取り組めるか?と聞かれれば、それは無理です。たとえ意識をしていたとしても、一瞬で変われるのか?と言われても難しいはずです。

なので、コツコツ地道に改善していくしかありません。ひとりひとりが少しずつ意識をしていくことで、パワハラによる被害者も加害者も減っていきます。

 

パワハラをなくすために必要なことまとめ

毎日のようにパワハラによる事件や被害者の声があります。こんな事態をなくすためには、まず自分から行動しなくてはいけません。困っているなら、悩んでいるなら、誰かに相談するべきです。

会社や外部の機関が嫌なら、家族や友達に相談しても良いです。ひとりで抱えないでください。つらいと思うのならば、まずは相談してみましょう。

今回は、パワハラの原因や問題、解決策などについて書かせていただきました。まとめると、このようになります。

  1. パワハラの原因は些細なことから
  2. パワハラをなくすためには相談をすることが大事!
  3. パワハラを防ぐために会社全体で意識することが必要

パワハラというのは、加害者と被害者だけの問題ではなく、会社全体で考えていかなくてはいけません。些細なことでパワハラになり得るので、ひとりひとりが意識を持つことが大切だということですね。

被害が少しでも減ることを、心から願います。最後までお読みいただきありがとうございました。