派遣社員パートアルバイトも退職代行サービスは利用できる?オススメの会社は?

ストレス 女性

優良退職代行業者5選!即日退職でノンストレス!

  • パワハラ上司の恫喝が怖くて玄関から出られない…
  • 明らかなオーバーワークでもう体力の限界だ…
  • サービス残業?うちには残業の概念すら無い…
  • 牢屋のような会社の雰囲気にはめまいがする…
  • なぜ人が減っているのに新しい人を入れないの!もういや!

理不尽なパワハラ・ブラック企業による過労。
「自分はここで働いて何を得たいのか?」
そんな疑問がつく会社に勤めていると、
気づいたときには肉体や精神を病み、
果には死を選ぶことになるかもしれません。

でも、
退職なんて言ったらどんな目に合うかわからない
という方には、

「退職代行サービス」

という選択肢があります。

一切会社との連絡は不要!
ストレスなく退職出来る!
人気で即日退職可能な5社を厳選!

退職に苦しんだ経験者が
選んだ最強退職代行業者!

ひとりで苦しまず一度相談してみませんか?
▼退職代行サービス業者厳選5社はこちらから!

 

最近、退職代行サービスという言葉をよく聞くようになりました。TVや雑誌等で取り上げられることも多くなり少しづつ身近なものになってきたのではないでしょうか。

しかし、取り上げられているのは正社員であることが多いですが、退職できなくて悩んでいるのは、正社員の方だけではありません。今は、雇用形態もさまざまです。

退職代行サービスは第三者が本人の代わりに会社へ退職の意思を伝えるサービスですが、誰でも利用できるのかまとめたサイトはまだまだ少ないです。

今回は、いくつかある雇用形態の中から派遣社員パートアルバイトの方に向けて退職代行サービスが利用できるのか、注意点などをまとめてみました。

派遣社員は退職代行サービスで辞められる!

悩むビジネスマン女性

引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/1341086?title=%E6%82%A9%E3%82%80%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3

最近では当たり前になってきた派遣社員は、正社員より気軽に退職しやすそうなイメージがあります。しかしブラック企業で働いていたら、派遣社員でもなかなか退職できない方もいるでしょう。

そんな派遣社員の方も安心してください。退職代行サービスを使って辞めることができます

それでは、派遣社員が退職代行サービスを利用する時の手順や注意点についてみてみましょう。

派遣社員の特徴は?

まず退職する為に関わってくる派遣社員の特徴です。

派遣社員
  • 派遣会社と契約を結んでいる。
  • 契約期間がある。
  • 有給休暇は取得できる。
  • 残業、退職金や賞与はない。

まず派遣社員の大きな特徴は、3ヶ月や6ヶ月といった期間を決めて派遣会社と雇用契約を結んでいます。また、法律で同じ企業では最長3年までしか働けません。

派遣社員でも正社員同様、条件を満たしていれば有給が取得できます。契約している派遣会社から付与されますが、働いていない期間が1ヶ月空いたりすると出勤日数が足りずもらえなかったりするので注意が必要です。

補足

有給取得の条件

  1. 入社から6ヶ月以上経っている
  2. 直近の出勤率が8割以上ある

派遣社員は、派遣会社と企業で労働時間や仕事内容についても決められているため、残業はほぼありません。残業するなら派遣会社に事前に確認が必要になるのであまり残業はないようです。

また、一般的に派遣社員はあらかじめ時給に賞与が含まれています。退職金についても同じ企業では3年までしか働けないので勤務年数が足りずもらえることはほとんどありません。

退職の意思は誰に伝える?

派遣社員の最も大きな違いは、契約している相手です。派遣社員は派遣会社と契約しているので、派遣先の企業に不都合があり辞めたいと思ったら、派遣会社の担当者に伝えることになります

退職代行サービスを利用した場合も、退職代行サービスの方が連絡をするのは派遣会社です。

自分で派遣会社の担当者に伝えることができない、もしくは伝えたが辞めさせてもらえない場合、または契約している派遣会社を辞めたい時に退職代行サービスの出番となります。

退職代行サービスは安全?

ヒサコ
退職代行サービスって本当に大丈夫?本当に辞められるの?
ノブオ
辞めるのにお金もかかるわけだし、失敗されたら困るなぁ・・・
退職代行屋さん
初めての利用では不安も多いですよね。でも安心ください。ほとんどの退職代行サービスは退職成功率100%です。また、相談は何回でも無料というところも多く、お話してみるだけでも考えが変わるかもしれませんね。そして、依頼して万が一退職に失敗した場合でも全額返済を保証している会社がほとんどです。
ヒサコ
そうなのね!少し安心したわ。
ノブオ
そうか。退職代行サービスって意外とたくさんあるけど、どこに頼めばいいのかな?
退職代行屋さん
では、派遣社員の方向けのオススメ退職代行サービスをご紹介しますね。

派遣社員にオススメの退職代行サービス会社

いざ退職代行サービスを利用しようと思って調べてみると意外とたくさんあります。同じ退職代行サービスですが、正社員ならどの会社も対応してくれますが、中には雇用形態によって対応していない会社もあります。

最近では雇用形態に関係なく一律の料金設定を行っている会社も多いですが、派遣社員の場合は公式HPで派遣社員に対応した会社であるか確認する必要があります。HPに載っていない場合でも、問い合わせは無料であることが多いので一度聞いてみるとよいでしょう。

ここに挙げた会社はHP内に派遣社員としての料金を記載していますので、派遣社員の方でも安心して依頼することができます。

会社名 派遣社員 正社員 パートアルバイト
SARABA 29,800円 29,800円 29,800円

辞めるんです

※期間限定料金

50,000円

→30,000円

50,000円

→30,000円

50,000円

→30,000円

退職代行コンシェルジュ 49,800円 49,800円 39,800円
退職代行のミカタ 27,000円 27,000円 27,000円
わたしNEXT 29,800円 29,800円 19,800円

※料金はすべて税込

中でもオススメなのは「SARABA」です。こちらの会社の利用者の約35%は派遣社員だそうです。同じ職種の方がたくさん利用していると実績もありますし、依頼しやすいですね。

退職代行サービスSARABA(サラバ)口コミ評判は?合同会社ゼロは安全?

2019.05.01

派遣社員でも即日辞められる?

派遣社員でも退職できなくて精神的に苦しんでいたり、体調も良くないと今すぐにでも辞めたいと思いますよね。

派遣社員は契約期間があるので更新日に辞めるのがスムーズですが、以下のケースは契約期間中でも退職することができます。

契約期間中でも退職できるケース
  • 契約期間が1年を超えていて既に1年以上勤務している場合
  • やむを得ない事由がある場合

労働基準法137条により、契約期間1年を超えていて勤務1年を経過している人は、契約期間中でも退職できます。

例えば、契約期間が3年あっても1年以上勤務していれば自分から退職を申し出ることができます。

労働基準法 第137条

期間の定めのある労働契約(一定の事業の完了に必要な期間を定めるものを除き、その期間が1年を超えるものに限る。)を締結した労働者(第14条第1項各号に規定する労働者を除く。)は、労働基準法の一部を改正する法律附則第3条に規定する措置が講じられるまでの間、民法第628条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。

引用元:https://www.kisoku.jp/saiyou/kikansoti.html

もし、勤務1年を超えていなくても民法628条の規定にある「やむを得ない事由による雇用の解除」にあてはまっていれば退職可能です。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

引用元:https://www.mykomon.biz/law/minpo/minpo.html

このやむを得ない事由とは、

  • 体調不良を起こした
  • 精神的な病気(うつ病やバニック障害など)になった
  • 親の介護が必要になった
  • 職場が派遣契約のルールを守らなかった

以上のような理由であれば、契約期間内でも退職することができます。

やむを得ない理由もないし無理だなと思ったあなた!退職代行サービス会社はプロなので自分では気づいていなくても、やむを得ない理由を見つけて退職させてくれます

パートアルバイトは退職代行サービスで辞められる!

パート広告

引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/517428?title=%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%82%E3%82%8A%EF%BC%892

昨今、ニュースでも人手不足の工場や現場が増加していることが取り上げられていて、企業にとってパートやアルバイトといった人手はとても大切にされなければいけません。

しかし、ブラックな企業ではパートアルバイトを朝から晩まで働かせて、残業が当たり前だったり、休憩時間も取れないような会社で働いている方もいるでしょう。いざ退職したくても人手不足を理由に止められることもあるかもしれません。

そんなパートアルバイトの方でも退職代行サービスを利用して辞めることができます

パート・アルバイトの特徴は?

パート・アルバイト
  • 直接企業と契約を結んでいる。
  • 契約期間は決められていない。
  • 有給休暇は取得できる。
  • 残業することもある。
  • 退職金や賞与がもらえることもある。

パートとアルバイトはどちらも労働基準法の上では区別はありません。パートアルバイトは正社員同様、企業と直接契約しています。

契約期間は決まっていないので企業を辞めるのは、自主退職する時か定年退職する時になります。

有給休暇は正社員や派遣社員同様、条件を満たせばもらえます。

労働基準法第32条で、「使用者は労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて労働させてはならない」とあります。ですので、この時間を超えて働いた場合には残業代が発生し、請求できます。

退職金や賞与については法律で決められたものはないので、勤務する会社によって様々です。会社の就業規則に記載されているので確認する必要があります。

退職代行サービスの利用料金とオススメの会社

退職代行サービスは、安心して利用できるサービスですが、もともと正社員と比べてお給料の少ないパートアルバイトにとって退職するだけでお金を取られるというのは腑に落ちないところがあると思います。

一般的にパートアルバイトは、退職届の提出の必要はなく「辞めます」と伝えれば退職できます。

退職代行サービスの利用においても正社員などに比べて手続きが少ないので利用料金を安く設定している会社もあります。

会社名 パートアルバイト 正社員
プラスサービス 19,800円
19,800円

辞めるんです

※期間限定価格

50,000円

→30,000円

50,000円

→30,000円

EXIT 30,000円
50,000円
退職代行のミカタ 27,000円
27,000円
わたしNEXT 19,800円
29,800円

※料金はすべて税込

パートアルバイトは派遣社員とは違い、ほとんどの退職代行サービス会社が対応してくれます。少しでも安い費用で済ませたい方には、業界最安値の「プラスサービス」はオススメです。もちろん退職成功率は100%で専門家のサポートもあります。

退職代行プラスサービスの特徴は?他社との比較と評判や口コミまとめ!

2019.05.21

実際に退職代行サービスを使った人の声

パートアルバイトの方で実際に退職代行サービスを使って退職した人の体験談を集めてみました。

【退職代行事例】男性 20歳 アルバイト 約3ヶ月

(依頼内容)ハローワークから紹介された仕事をしている。
トライアル雇用(3ヶ月)で働いているのですが、3ヶ月の期間が終了する前に今働いている職場を辞めたいと思っています。

(電話内容)退職の意思が確認できれば退職可能ですので退職届けを本人様から送られる形であれば問題ございません。とのことでした。すぐにご本人から退職届や貸与品を送り退職完了となりました。

(感想)トライアル中なのでトライアル期間までは退職できないとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、退職はいつでもすることは可能です。
引き留めはあるかとは思いますが、退職届を送り退職の意思を示すことで結果的には認めていただけます。

引用元:https://taisyokudaikou.com/jirei-7/

アルバイトの研修期間でも辞めることができていますね。

岩手県 飲食業 アルバイト

人手不足を理由になかなか辞めさせてもらえず、悩んでいたところ、退職代行サービスを知りました。こちらはダントツの安さと、人事のプロが対応ということでお願いしました。あんなに辞めさせてもらえなかったのに店長とも一切顏を合わせずに、すんなりと辞めることができました。

引用元:https://plus3-service.com/

こちらは「プラスサービス」を利用した方の体験談です。実際利用してみると、あっさりと辞められたようですね。

バックレだけは辞めてきちんと退職しよう!

バツ

引用元:https://www.photo-ac.com/main/detail/1677857?title=%E7%B7%91%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%84

派遣社員・パートアルバイトというと正社員よりも拘束力がなく、無断欠勤を続けたり、音信不通になったりして仕事から逃れていく人もいます。

このようなバックレ行動は、自分の精神的にもすっきりしないだけでなく、損害賠償を請求されてしまうこともあります。

それによってもらえるはずだった給料や有給もなくなり、派遣社員であれば次の派遣先も紹介してもらえなくなるでしょう。

社会人のマナーとしてきちんと退職するために、自分で退職の意思を伝えられない時は退職代行サービスを利用してみてください

まとめ

雇用形態によって手順は異なりますが、誰でも退職することはできます。今、悩んでいるあなたもすぐに辞めることができるのです。

それでは今回の記事をまとめてみます。

  1. 派遣社員も即日退職できる。
  2. パートアルバイトならより安い費用で退職できる。
  3. バックレないで退職代行サービスを利用しよう

派遣社員が利用できる退職代行サービスはまだまだ限られていますが、契約期間中でも辞めることができます。新しい退職代行サービス会社は増えつつあるので、より利用しやすい環境になってくるはずです。

また、たくさんの退職代行サービス会社が出てきたので全体的に料金も安くなってきています。パートアルバイトの方でも気軽に利用できるよう、料金を雇用形態で変えている会社もあります。相談は無料でできることが多いので、少しでも使ってみようかなぁと思ったら、相談してみることをオススメします。

最後にどんなに辛い思い、ひどい事をされた会社であっても、一度雇ってもらった会社です。自分の新しい未来の為にもきちんと退職の意思を伝えて辞めましょう。そのために「退職代行サービス」を利用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

退職代行サービス業者おすすめランキング


 退職できないことが悩みなら退職代行サービス

安心実績の退職代行サービス業者をランキング! どこがいいのかわからない!とお悩みの人にもわかりやすく解説しています