自衛隊も看護師も!?公務員が実際に使った退職代行サービス2社を紹介!

走る人

優良退職代行業者5選!即日退職でノンストレス!

  • パワハラ上司の恫喝が怖くて玄関から出られない…
  • 明らかなオーバーワークでもう体力の限界だ…
  • サービス残業?うちには残業の概念すら無い…
  • 牢屋のような会社の雰囲気にはめまいがする…
  • なぜ人が減っているのに新しい人を入れないの!もういや!

理不尽なパワハラ・ブラック企業による過労。
「自分はここで働いて何を得たいのか?」
そんな疑問がつく会社に勤めていると、
気づいたときには肉体や精神を病み、
果には死を選ぶことになるかもしれません。

でも、
退職なんて言ったらどんな目に合うかわからない
という方には、

「退職代行サービス」

という選択肢があります。

一切会社との連絡は不要!
ストレスなく退職出来る!
人気で即日退職可能な5社を厳選!

退職に苦しんだ経験者が
選んだ最強退職代行業者!

ひとりで苦しまず一度相談してみませんか?
▼退職代行サービス業者厳選5社はこちらから!

 

最近よくブラック企業が話題にあがります。過酷な労働環境であり、最悪な場合社員を自殺に追い込む闇な企業がたくさん存在します。おそらく、そのようなブラック企業とは公務員は無縁だと思う方が多いでしょう。

ですが、実際は残業も多く、終電帰りの始発出勤という方もたくさんいらっしゃいます。公務員として働く看護師も、サービス残業が多いようです。

給料が良いというイメージがありますが、職種や勤務先によっては民間よりもかなり少ないという方が多いです。

特に、年功序列の世界のため、若手職員は給料面で苦労することが多いです。

また、公務員の中でも自衛隊はパワハラなどの話をよく聞きますし、人間関係の悩みが多いようです。

そのような苦労が多い公務員ですが、退職まで踏み切るのはかなり勇気が必要かとおもいます。まずは、家族や周辺の方から「せっかく安定した公務員なのに辞めるなんてもったいない」と言われちゃうかもしれません。

それから、上司や同僚から「人手が足りないからもう少し粘ってくれない?」と引き留めに合うかもしれませんね。辞めるときにはたくさんの壁が立ちはだかります。しかし、一番つらいのは自分自身の中で辞めて大丈夫なのか?という不安があることですね。

今回は、公務員を辞めることに不安を感じるあなたに、退職代行サービスをご紹介したいと思います。退職をするときに立ちはだかる壁にどう立ち向かえるか一緒に考えていきましょう。

ぜひ参考になればと思いますので、少しの間お付き合いください。

公務員(自衛隊・看護師含む)の大変なお仕事実態

自衛官 2

引用元:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/280002/

ノブオ
は~。最近残業が続いてしんどいなあ。
ヒサコ
大丈夫?なんだか顔色が悪いわよ。休日出勤も続いているけど、手当はもらえてるの?
ノブオ
それが、ぜんぜんもらえてないんだ。残業代も所属している部の中で金額が決まっているから、もらえる限度があるんだよ。
ヒサコ
え!?公務員なのにそんなことがあるの?てっきり残業なしで手当てはしっかりもらえるような良い環境かと思ってたよ。
ノブオ
全然そんなことないんだよ。世間との認識のずれにいつもモヤモヤしているんだ。公務員だってブラックなところがあるんだよ!

公務員は世間の方からよく誤解を受けます。給料が良い上に綺麗で安い宿舎に住める。定時には帰れてぬるま湯につかりながらお仕事できて良いね。という感じに。

ですが、実際のところは全然違います。給料も手当が付かなければとても安いですし、景気が悪くなれば真っ先に給料カットされます。

宿舎もテレビで見るようなところは少なく、キャリアのような極々一部の人しか住めません。大半は昭和に建てられたボロボロな宿舎をあてられます。

定時に帰れる事なんて少ないです。残業代も組織全体の器が限られているため、サービス残業が当たり前のようにあります。休日出勤も普通にあります。

こんなにつらい仕事なのに、一部の人の不祥事が大きくニュースに取り上げられ、公務員のイメージは下がる一方です。税金を返せなんてことも言われちゃうんです。

身内の人なんかに言われることがあれば本当に嫌になっちゃいますよね。

公務員の職種って実はいろいろある

公務員と一言に言っても色々な職種がありますよね?

国家公務員、地方公務員があり、その中でも自衛隊、警察官、教員などなど、それぞれ専門的なお仕事をしているので、抱える悩みもそれぞれ違います。

では、公務員の方はどのような時に退職したいと考えるのでしょうか?

公務員を退職したい理由
  • 人間関係のストレス
  • 年功序列や、古いやり方についていけない
  • 仕事が単調でやりがいを感じられない
  • 仕事が激務である
  • 公務員へのバッシングがひどい
  • 給料が低い

主にこれらのものが挙げられます。特に仕事にやりがいが感じられないという理由が印象的です。

民間でバリバリやっている人や、好きな仕事を起業している人などを見ると、今やっている仕事内容に不満を感じることもあるようです。

看護師も公務員?!

あまりイメージがないかもしれませんが、実は看護師さんも公務員として働くことができるんです。

国公立の病院や、保健所などの地方自治体が運営している医療施設に勤務すると、公務員となります。また、勤め先で国家公務員と地方公務員と別れます。

民間の看護師に比べてやはり安定はしていますが、キャリアアップや退職のしやすさはないようです。

公務員(自衛隊・看護師含む)の残業数

公務員は定時に帰れるイメージが強いですが、現実はそうではありません。

それでいて、残業代も100%もらえるわけではなく、サービス残業が普通にあります。公務員の9時~5時勤務はまさに幻想。

では、実際にどのくらいの公務員が残業をしているのでしょうか?職種によって違うようですが、人事や土木系の部署に行けば、月100時間以上の残業が当たり前のようです。

まずは公務員の中でも憧れられる存在のキャリア官僚。

「霞が関は不夜城である」とよく言われるぐらい、朝の3~4時帰りが当たり前の世界です。責任が重い仕事でもあるので、毎日朝帰りが続くと考えるとゾッとしますよね。

それから、サービス残業といえば教員が挙げられます。

部活を担当している先生は特に、毎日夜まで続く部活から、夏休みまで指導に行かなければいけません。それでも報酬はほんの少しなんですよね。好きな気持ちがないと難しそうな職業です。

今は一部の職種しか挙げていませんが、もっとたくさんの公務員が毎日大変な思いをして残業しています。

それでも、公務員は国民や県民、市民のために働いているため、残業しても当然でしょ。と思われてしまうのが本当に悲しいですよね。

公務員(自衛隊・看護師含む)の自殺者数

以外と公務員の自殺者が多いということはご存知でしたでしょうか?私の知り合いにも何人か自ら命を落としてしまった人達がいます。

みんな責任感が強くて、真面目に仕事に打ち込む人達でした。

国家公務員の年間自殺者数は37人だそうです。(平成29年度)

参考元:白書等データーベースシステム

国民一般と比べると少ない方ですが、39歳以下で見ると一般よりも多いですね。

公務員の中でも特に自殺者が多い職種は特別職である海上自衛官、陸上自衛官、防衛相事務官の3組織。

自衛官といえば、災害が起きたときにはいち早く現場に行き復興のために尽くしたり、海外派遣で危険地帯に行ったりと、想像できないほどの過酷な環境で働いていることが分かります。

そのような環境にいると、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発生しやすいと言われています。心も身体もボロボロになってしまうようです。

他にも公務員の自殺理由を調べてみると、以下のようなものがあります。

(仕事上の悩み)

  • 長時間の勤務
  • 過重な心理的負荷のかかる勤務
  • 上司、同僚、部下等との人間関係
  • 単身赴任に伴う勤務環境、家庭環境の変化
  • 転勤に伴う勤務環境の変化
  • 昇任による責任の増大

(家庭や個人の悩み)

  • 経済的問題
  • 本人または家族の健康
  • 親子関係、夫婦関係等の家庭内の人間関係
  • 家族の介護
  • 子の教育、進路

(その他)

  • うつ病などの精神疾患

 

公務員の退職にも使える!?退職代行サービスの基礎知識

退職届

引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E9%80%80%E8%81%B7&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=3

退職代行サービスの料金

退職代行サービスはブラック企業に勤めていたり、パワハラでつらい日々を送っている人に代わって、退職の意向を会社に伝えるサービスです。

退職代行サービスの料金の相場はだいたい3~5万円です。よく利用される退職代行サービス業者の一覧で比較してみました。

業者名 料金
退職代行SARABA(サラバ) ¥29,800
退職代行EXIT(イグジット)

正社員・契約社員:¥50,000(税込み)

パート・アルバイト:¥30,000(税込み)

退職代行辞めるんです

¥50,000

只今キャンペーン中につき¥30,000

退職代行コンシュルジュ

正社員・派遣社員・契約社員:¥49,800

アルバイト・パート:¥39,800

5月末までキャンペーン中につき¥30,000

退職代行ニコイチ ¥28,000

退職代行サービスの流れ

それでは、退職代行サービスの具体的な流れを見てみましょう。

  1. 退職代行サービス業者への連絡
  2. 相談
  3. 退職代行サービス業者から職場へ連絡
  4. 退職

簡単に言えばこの4ステップになります。どの退職代行サービス業者でも共通の流れとなります。それでは、それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

1.退職代行サービス業者への連絡

LINE、電話、メールいづれかの手段で連絡します。退職代行サービス業者によっては、365日24時間対応可能なところもあります。

2.相談

退職代行サービス業者に具体的な相談をします。退職したい理由、どのくらいの日数で辞めたいか、有給の残り日数、貸与物の有無などをお伝えします。相談の段階では無料ですので、安心してください。

あなたのやるべきところはここまでとなります。

3.退職代行サービス業者から職場へ連絡

退職代行サービス業者から職場へ退職の意向を伝えます。この際に、残りの有休を使う旨の伝言、貸与物や離職票などは郵送で行う旨を伝言してくれます。

4.退職

晴れて退職です。新しい転職先を探すなど、これからのことをやっていきましょう。

退職代行サービスは法律違反にはならないのか?

とても気になる部分かと思いますが、退職代行サービスは法律違反にならないのかというところですよね?簡単に言うと、法律違反にはなりません。

そもそも、法律違反になる行為とはどのようなことなのでしょうか?

弁護士法により、弁護士以外の者が報酬をもらって法律事務を行ってはいけないとなっています。

非弁護士の法律事務の取り扱い等の禁止
第72条 

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋を業とすることができない。

ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

引用元:電子政府の総合窓口「e-GOV(イーガブ)」

つまり、退職代行サービスにおいて、本人に替わって有給の消化を交渉するなどの行為をしたら法律違反になってしまうということです。あくまでも、有給を取りたいという意思を伝えるのみになります。

大半の退職代行サービス業者はそのような違法行為は行いません。

しかし、ごく一部で違法行為を行ってしまう退職代行サービス業者が存在します。なので、値段の安さで決めるのではなく、よくサービス内容を確認してから業者を選択することをおススメします。

退職代行サービスはヤクザが絡んでいるって本当?

たまに退職代行サービスにヤクザが絡んでいるのではないかという噂を耳にします。まずそんなことはありません。

退職代行サービス業者に連絡したらヤクザが電話で絡んできて、高額を要求してきたというような情報は今のところ聞いたことがありません。なので安心してください。

もし不安なときは、利用者の多い有名な退職代行サービス業者を利用すると良いでしょう。

こちらの記事では退職代行サービス業者をランキング形式で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行サービス業者おすすめランキング


 退職できないことが悩みなら退職代行サービス

安心実績の退職代行サービス業者をランキング! どこがいいのかわからない!とお悩みの人にもわかりやすく解説しています

 

公務員(自衛隊・看護師含む)は退職代行を使えるのか

ノブオ
退職代行サービスについてはよく分かったけど、これって公務員でも利用できるの?
ヒサコ
確かに、民間と勝手が違いそうだし、なんだか難しそうよね
退職代行屋さん
公務員さんでも退職代行サービスを利用できますよ。実際に利用して退職されている方もいます。
ノブオ
そうなんだ!退職代行サービスで負担なく退職して、新しい仕事に挑戦してみようかな!
退職代行屋さん
とても前向きで良いですね!ただ、公務員特有の規則もありますから、それを考慮しながら利用を考えてみてくださいね!

公務員法の違い

公務員の場合は、一般の民間企業と違い、公務員法といったものがあります。

分類 法律
国家公務員 国家公務員法
地方公務員 地方公務員法
教員 教育公務員特例法
自衛隊 自衛隊法

これらのように、公務員の種類によって法律も変わってきます。

民間と違い、退職する前は何日前に申し出るという決まりはありません。

国家公務員の場合、「任命権者は、職員から書面をもって辞職の申し出があったときは、特に支障がない限り、これを承認するものとする」となっています。

地方公務員の場合は、各自治体の規定や訓令で定められているようですが、国家公務員とほぼ同じようです。

ただ、欠員がいる状態など、タイミングによっては承認までに時間がかかりますので、やはり早めに言っておいた方が良いですね。

自衛隊は、自衛隊法第40条で「任務を遂行するため最小限度必要とされる期間」が必要となっています。

各職種によって退職のルールも違うようなので、一度ご自分のところの内容を確認した方がよいでしょう。

辞令交付は受けなくて良いの?

公務員には辞令交付式というものがあります。採用されたとき、異動のとき、そして退職するときは必ず交付されるものです。

異動のときなど、引っ越しが伴う転勤のときは本当にわずらわしいというか、郵送じゃダメなの?って思っちゃうところですよね。

そして、退職代行サービスを利用して辞めるときは辞令交付式は出たくないですよね。ということで、調べてみました。

結果としては、はっきりと郵送可能とは言えません。グレーです。

国家公務員の場合は人事院規則によりこのような決まりがあります。

人事院規則一一⁻八 第十一条 
任命権者は、次の各号のいづれかに該当する場合には、職員に規則八⁻一二(職員の任免)第五十八条の規定による人事異動通知書(以下この条において「人事異動通知書という」を交付しなければならない。

ただし、第一号、第六号に該当する場合のうち、人事異動通知書の交付によらないことを適当と認める場合は、人事異動通知書に代わる文書の交付その他適当な方法をもって人事異動通知書の交付に代えることができる。

一.職員が定年退職をする場合 

二.勤務延長を行う場合

三.勤務延長の期限を延長する場合

四.勤務延長の期限を繰り上げる場合

五.勤務延長職員が異動し、期限の定めのない職員となった場合

六.勤務延長の期限の到来により職員が当然退職する場合

引用元:電子政府の総合窓口「e-GOV(イーガブ)」

少し分かりづらいのですが、上の規則を見る限り、残念ながら自己都合で早期退職する場合は、辞令交付を受けなくても良いとは一言も書いておりません。

なので、もらいに行かなくてはいけない可能性の方が高いです。

この辺は、総務の担当者に相談できれば相談しておきたいところですよね。

ですが、地方公務員の方は国家公務員のように法律上で交付が必要と書かれていないです。

各県、市などの条例、規則で決められることになっているのですが、場所によっては交付が絶対とは決まっていないところもあるようです。

実際に郵送で済ませている方もいました。

ご自分のところの条例を検索してみると良いですね。「○○県 条例」で出てきますので、見てみてください。

退職代行サービスを利用する前に済ませておくべきこと

簡単な引き継ぎ

引継ぎはやりだすと時間がかかってしまうので、大変かと思います。

ですが、何もせずに退職というのもなかなか出来ないと思いますので、次の後任の人に簡単なメモを残す程度の引継ぎ書を作っておくと良いです。

今どんな業務を進めていて、今この段階なので残りのこのお仕事を進めてほしいといったことから、データや資料の入っている場所を記すだけでも良いかと思います。

宿舎の片づけ・管理人への連絡

公務員の場合、宿舎を利用している方の方が多いと思います。なので、すぐに退去が出来るように部屋の片づけと、宿舎の管理人への連絡を済ませておくことをおススメします。

年休の消化

公務員の場合、退職代行サービスを利用して辞めると伝えてからすぐに退職というのは難しいと思います。

なので、残っている年休を退職交渉中に消化すると良いです。その間に次のお仕事を探すといった準備を進めていれば安心かと思います。

公務員の退職代行実績がある退職代行サービス業者・弁護士

実際に公務員の退職代行を行ったことのある退職代行サービス業者と弁護士をピックアップしてみました。やっぱり、実績のある業者さんの方が安心ですよね。

【退職代行サービスSARABA(サラバ)】

料金

¥30,000 ※追加料金なし

対応時間 24時間対応
定休日 年中無休
問い合わせ LINE,メール、電話

 

2018年12月時点で、公務員の退職代行を3件取り扱ったようです。退職代行サービス業者の中でも低価格の¥30,000で利用できるのが良いですね。相談もLINEで出来るので、手軽にできるのも良いところです。

詳しくは下の記事にまとめておりますので、ぜひ見てみてください。

退職代行サービスSARABA(サラバ)口コミ評判は?合同会社ゼロは安全?

2019.05.01

 

【弁護士法人川越みずほ法律会計】

料金

正社員¥54,000 パート¥32,400 

※2回目以降はリピーター割で半額

※追加費用なし

※有給消化については成功報酬をいただいている場合あり

対応時間 24時間対応
定休日 年中無休
所在地 埼玉県川越市豊田本4-3-15

弁護士さんなので、年休消化の交渉もしてくれるところがありがたいですよね。川越みずほ法律会計さんであれば、他の退職代行サービス業者とさほど金額も差がないので安心してお願いできます。

川越みずほ法律会計公式Twitter

 

公務員(自衛隊・看護師含む)が退職代行を使うメリットはある?

退職代行サービスのメリット

退職の意志を伝えなくて済む

退職代行サービスを使う一番のメリットは、直接上司に退職の意向を伝えなくても良いということですね。これは公務員に関しても共通しています。

直接退職の意向を伝えると、絶対と言っていいほど引き留めに合いますので、そういった手間を省くだけでも、時間的にも労力的にも楽になると思います。

上司のパワハラから逃れられる

今現在上司からパワハラを受けている方は、その状況から脱出できます。精神的にダメージを受けていたり、睡眠障害などといった体調にも出ていたらあなた自信の黄色信号ですので、利用するという手もあります。

退職代行サービスのデメリット

失業保険がもらえない

失業保険とは、退職したときにもらえる手当なのですが、受給資格として雇用保険に入っていなければいけません。

しかし、公務員は雇用保険に入っていないために失業保険が受給できないのです。

ですが、退職金が失業保険よりも安ければ、その差額分が受給できますので、ご自分の退職金との比較をしっかりとすることをおススメします。

とはいえ退職金にも1つ注意するところがあります。公務員は勤続年数が9年以下で自己都合退職した場合、退職金がもらません。

退職金と失業保険がどちらももらえないのは生活にかなり影響がでるため、そのような職場は早く辞めて環境を変えた方が良いということもあります。

周りから批判を受ける可能性がある

退職代行サービスはまだまだ認知がされていないため、あまり良いイメージがないという方もいます。

公務員が利用するとなると「公務員なのに退職代行サービスがないと辞められないの?」「公務員なのに責任感はないの?」といったことを言われる可能性もあります。

もし、ご家族からそのような意見があったとしたら、しっかりと退職代行サービスについて説明をして、理解を得る必要が出てきます。

あとは、そのような批判にも負けない強いメンタルが必要になりますね。

自衛官は即日退職できないので利用が難しい

自衛官の場合は、自衛隊法により即日退職ができません。

自衛隊法第40条
隊員が退職することを申し出た場合において、これを承認することが自衛隊の任務の遂行に著しい支障を及ぼすと認めるときは、その退職について政令で定める特別の自由がある場合を除いては、任用期間を定めて任用されている陸士長等、海市長等又は空士長等にあって最小限度必要とされる期間その退職を承認しないことができる。

引用元:電子政府の総合窓口「e-GOV(イーガブ)」

具体的にいうと、業務に影響がある場合は、必要期間退職を承認しないということです。

 

退職代行サービスの体験談と口コミ

退職代行サービスで辞めた看護師の体験談

こちらは、退職代行サービスを利用して辞めた看護師さんのリアルな声です。現在看護師で退職を考えている人も、そうでない人もぜひ参考にしてみてください。

【看護師 Yさん 福岡県在住 50代 女性】

介護福祉を専門としていろんな職場を渡り歩いていたYさん。これまでに退職代行サービスを2回利用したことがある。以前は訪問入浴の仕事をしていたが、次の転職先が決まり退職することになった。

これまでの職場と違い、「人手が足りないからもう少し待って」とずるずると退職を引き延ばされた。とうとう、神経内科に通わなければいけないほど辛くなってしまったため、退職代行サービスを利用して退職。

次の転職先は介護付き有料老人ホーム。現場の人手不足ということもあり、看護師と兼任してケアマネージャーのお仕事に奮起した。しかし、10年というブランクもありなかなかうまくいかなかった。

看護師の仕事がうまくいかないということと、周りの指導内容に悩み始め退職を決意。これまで退職に苦労した経験があり、スパッと辞めたいと考えたため今回も退職代行サービスを利用した。

職場の嫌な人の顔を見ることなく、施設長に退職を申し出る緊張感もなく辞められたので精神的な負担がなかった。ケアーマネージャーとして再就職が決まり、新たな職場でまた奮闘している。

引用元:https://reb00t.jp/archive/140/

退職代行サービスの口コミ

それでは、退職代行サービスへの口コミを見てみましょう。実際に体験した人の声は見つからなかったのですが、退職代行サービスで辞めた公務員の方は実際にいらっしゃるようです。

 

 

 

公務員(自衛隊・看護師)と退職代行サービスまとめ

公務員も退職代行サービスを利用できるかというところですが、結果としては利用できます。

ですが、公務員という特殊な事情により、辞令交付があったり、退職に許可が必要であったりと少しハードルが高いためメリットが少ないようです。

ですが、どうしても自分の口から上司に退職の意志を伝えられないという方は利用してみても良いかもしれません。

それでは今回の記事をまとめたいと思います。

まとめリスト概要

  1. 公務員にはいろんな職種があり法律もそれぞれ違う
  2. 公務員も退職代行サービスを利用できるが、メリットが少ない
  3. 実際に退職代行サービスを利用して辞めた公務員もいる

自衛隊、看護師を含む公務員というお仕事は、世間からのバッシングを受けながら、きつい仕事をやらなければいけないので精神力が必要です。もっとキャリアアップしたいといった向上心のある人は転職したいという方もいらっしゃるでしょう。

ですが、辞めるときにはじっくりと考えて後で後悔はしないようにしてくださいね。

自分の気持ちに正直に、これからの人生を楽しんでいきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

退職代行サービス業者おすすめランキング


 退職できないことが悩みなら退職代行サービス

安心実績の退職代行サービス業者をランキング! どこがいいのかわからない!とお悩みの人にもわかりやすく解説しています